週末に開くお店のようなもの

コーヒーやJAZZなど、日常で気になったことを記事にしていきます。

表参道をゆく

渋谷から半蔵門線で一駅。降り立ったのは表参道でした。

 

渋谷から表参道までは、夏じゃなければ歩けるという距離です。

 

今回の目的は?と聞かれたら、なんとなく表参道を歩いてみたかったといった具合に、その他の答えを持ち合わせてなかったんですね。

 

そんなわけで、暑いのですが、表参道の散策を開始したわけです。

 

 

表参道には魅力的なお店がいっぱい

表参道の小道に入ると色々なお店がありましたが、特に気になったのはこちらのお店。クレヨンハウスです。

f:id:siumatsu:20181004015350j:plain

 

店舗はB1−3Fまであり、お店全体で人にとってやさしいものを扱っているという印象を受けました。有機野菜を取り扱っている『野菜市場』や、オーガニック・レストラン『広場』など、体にやさしいものに触れることができます。

http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/shop.aspx

絵本・木のおもちゃ・オーガニックコスメ・雑貨が勢揃いです。

 

クレヨンハウスに立ち寄ったあと、また元の通りに戻ると、Apple Storeが見えたのです。

 

あの奥の通り行ったことないよなということで、暑いのですが、行ってみることにしました。

 

今日はなぜ表参道だったのだろうと、歩きながら考えてみても答えも浮かばず、ん〜〜となっていたところ、その答えはすぐさま見つかりました。

 

猿田彦珈琲 表参道店

f:id:siumatsu:20181004015403j:plain

 

H.I.S.旅と本と珈琲と Omotesando(表参道)

https://www.his-j.com/branch/omotesando/floor.html

 

猿田彦珈琲といえば、以前の記事で何度か登場したことのあるお店ですが、まさかこんなところで出会えるとは。

 

今まで恵比寿ブレンドしか飲んだことがなかったため、これは行くしかないとそう思ったわけですね。

 

紆余曲折あったのですが、それはそれぞれのコーヒー豆ごとにお話したいと思います。

 

買ってきた豆の紹介

f:id:siumatsu:20181004015414j:plain

 

左から、

PERU "El Palto"

BOLIVIA "Agro Takesi Typica"

KENYA "Kirimara"

f:id:siumatsu:20181004015424j:plain

 

"Agro Takesi Typica"に関しては、100gで1,400円ということ今まで買った中で最高級の豆ということになります。

 

 

なぜそんなに値段が高いのかというと、この豆は標高が高い場所で栽培されており、また霜がつきやすいため豆そのものの収穫量が少なくなってしまうんですね。

 

そんなわけで豆の希少価値が高く、値段が高くなってしまうってわけです。

 

表参道店はいいお店だなって

店員さんが親切丁寧にそれぞれの豆の説明をしてくれたというのと、それに加えて試飲までさせていただいてすっかり表参道店のとりこになってしまいました。

 

袋越しにすごくいい香りがしてくるのでとても楽しみです。

 

今回はこの辺りで。 

 

次回は"Agro Takesi Typica"についての記事になる予定です。